http://www.pref.tokushima.jp/
1 県政トピックス
2 情報BOX
3 カモンのちょっとひといき
4 イベント情報
5 「新鮮なっ!とくしま」号情報
6 とくしまマラソンを応援しよう!
7 エンジョイ!ヴォルティス
8 県政広報番組のご紹介
9 阿波の逸品プレゼント
 
■南部総合県民局・保健福祉環境部阿南庁舎が移転しました
 県南部の地域保健、児童相談、環境保全の拠点として、阿南市領家町で整備が進められてきた「南部総合県民局・保健福祉環境部阿南庁舎」が完成し、4月1日に開所しました。
 4月20日には庁舎移転を記念して「健康づくり大会」が開催され、糖尿病予防のためのフォーラムや、阿波踊り体操、ウォーキング講習会などが行われました。簡易血糖検査や、骨密度測定などの体験コーナーでは、参加者の方が実際に自分自身の健康状態をチェックし、保健師や医師からアドバイスを受けていました。
 また、この日、県南部の健康づくりに関する応援標語・キャッチコピーが発表されました。応募148点の中から、富岡東高校羽ノ浦校3年・細川麻桜(ほそかわ・まお)さんの『禁煙で 自然も 身体も クリーニング』が最優秀作品に輝きました。
 みなさんも、日々の生活習慣を見つめ直し、健康になるための「知識と意識」を高めて、豊かな生活を送りましょう。
 なお、新しい庁舎では、5月16日まで、スタートアップ事業として保健福祉や環境に関するさまざまなイベントが開催されますので、ぜひお立ち寄りください。
→スタートアップ事業についてはこちら

■『はな・はる・フェスタ2008』開幕!

 徳島の春の一大イベント「はな・はる・フェスタ2008」が本日4月25日から、徳島市・新町川公園一帯で開催されています。
 平成10年春からスタートして、今年で11回目。徳島が誇る「阿波おどり」にはじまり、徳島の食や物産が堪能できるコーナー、多彩なステージイベントなど、家族みんなで楽しめる催しが目白押しで、初日も観光客や家族連れなどでにぎわいました。
 今年は、鳴門−明石ルート全通10周年を記念したイベントも開催されるなど、これまで以上に盛りだくさんの内容となっています。
 阿波おどりについては、これまでの無料公演に、有料公演「阿波おどり・夢舞台」が加わり、指定席を設けることで、ゆっくりと阿波おどりを楽しんでいただけるようになりました。
 また、昨年大好評を博した「徳島ラーメン博覧会」では、今年も県内の人気ラーメン店15店が軒を連ねてお待ちしています。自慢の特産品を展示・販売する物産ストリートには、明石海峡大橋で結ばれた明石市の名産品である「明石焼き」を販売するブースが設けられるなど、食を通じた交流も行われています。
 今年、さらにパワーアップした「はな・はる・フェスタ2008」で、あなたも徳島の春を満喫しませんか。
 (はな・はる・フェスタ2008は、4月27日まで開催されています。)
→はな・はる・フェスタ2008についてはこちら

↑メニューに戻る
 

(募集)
平成20年度徳島県職員等採用試験情報
→くわしくはこちら

「みんなでつくろう!健康とくしま県民会議」の委員募集
→くわしくはこちら

医師修学資金貸与事業修学生を募集しています
→くわしくはこちら

県立徳島テクノスクール 訓練生募集
・OA事務科
→くわしくはこちら
  ・介護サービス科
→くわしくはこちら
徳島県青少年活動支援センター講座生の募集
→くわしくはこちら
(お知らせ)
妊婦健診公費負担が5回に増えます
→くわしくはこちら

自動車税の減免申請を受付しています
→くわしくはこちら

↑メニューに戻る
 

 皆さんは、春の徳島のイベントといえば何を思い浮かべますか?
「はな・はる・フェスタ」と答える方もきっと多いはず。平成10年春にスタートし、早いもので今回で11回目!すっかり、春恒例のイベントとして定着し、今年も、4月25日から3日間、様々なイベントが行われます(私もオープニングセレモニーに参加し、もち投げを行いました)。

 そして、今年はもう一つ。神戸淡路鳴門自動車道「全線開通10周年」を記念して行われる 一大イベント!四国最大級のフルマラソン そう、「とくしまマラソン」がいよいよ明後日、27日にスタートです。

 この「とくしまマラソン」、「眉山」や四国三郎「吉野川」といった、本県が誇る自然や景観の美しさはもちろん、多彩な趣向を凝らした沿道での応援イベントが特徴。
そこで、「お接待の精神」あふれる個性豊かなイベントを以下、ご紹介。

 まずは、沿線地域の皆さんによる応援イベント!「オリジナルマラソン応援歌」やポンポン隊、郷土料理の振る舞いなどで、ランナーの方々を元気づけ。

 続いて、4箇所のおすすめ応援スポット!と応援時間。
 ○生光学園前(徳島市応神町) 9:15〜10:30 
 ○JA全農とくしま畜産センター前(上板町) 9:45〜12:00
 ○第十桜づつみ公園(石井町) 10:30〜14:00
 ○桜づつみ公園(徳島市不動北町) 10:45〜15:00
 ここでは、「とくしまマラソン!やるでないで応援隊!!」の皆さんが中国武術やコーラス、着ぐるみに横断幕など、趣向をこらしたパフォーマンスを繰り広げます(この応援スポットは駐車場もありますので、一般の方もふるって参加を!)。

 また、沿道各所では「阿波おどり」の応援をはじめ、とくしまマラソンのメーンキャラクター、「ちっかーず」(国民文化祭終了後、再就職して初の大役!)や、お馴染み「すだちくん」も応援に駆けつけます。

 さらに、ゴール地点の徳島市陸上競技場では、「新鮮なっ!とくしま号」が出動するほかボランティアによる「こだわりのうどん」でのお接待、ゲストランナーのトークショーなど、様々なイベントが満載(堪能した後は、無料で運行しているループバスに乗って、ぜひ「はな・はる・フェスタ」の会場へもどうぞ!)。

 その他にも、まだまだ紹介しきれないイベントがいっぱい!

「さすが徳島、阿波おどりの国!」と言ってもらえるような熱い応援で県内外さらには 海外からのランナーを盛り上げ、ランナーとともに「とくしまマラソン」を体感してみませんか?

→知事室TOPへ

↑メニューに戻る


●第12回牟岐アワビまつり

日時:5月3日(土)・4日(日)10時〜
場所:牟岐町 古牟岐港公園周辺
料金:無料(一部有料)
問い合わせ先:牟岐町フェスティバル実行委員会
         0884−72−3420
 海の高級食材『アワビ』の祭典。活きたアワビや伊勢エビをはじめ、新鮮魚介類が格安で販売される港町ならではの産直市が開催されます。また両日(10時)とも『大島クルージング(乗船料1,000円)』やアワビや伊勢エビが当たる『重量当てクイズ』、『活魚のつかみ取り(参加料300円・小学生対象)』など、イベントも盛りだくさん。おいしいGWを楽しみませんか?

みどりの日記念 グリーンフェスタ2008

日時:5月3日(土)〜6日(火)10時〜
場所:県立神山森林公園
料金:無料(一部有料)
問い合わせ先:県立神山森林公園
         088−678−0114
 『みどりの日』にちなみ、緑あふれる自然に親しんでもらいながら、その大切さを感じていただくイベント。3日(土)には約5kmの散策を楽しむ『若葉ウォーク』(10時出発)、4日(日)には県警音楽隊による演奏(11時)、5日(祝・月)には『動物ふれあい教室』(10時30分)が行われます。さらに、3日(土)から6日(火)まで、ヘリコプター遊覧飛行(10時〜15時・3歳〜小学生2,500円、中学生以上3,500円)で、公園を飛び立って空中散歩を楽しむことができます(※天候によって中止の場合有り)。また期間中は、地元の特産品も販売されます。家族みんなで参加しませんか?

鳴門ウチノ海総合公園5周年記念『わくわく春パーク』
日時:5月4日(日)10時〜
   (荒天の場合、5日に順延)
場所:鳴門ウチノ海総合公園
料金:無料
問い合わせ先:鳴門ウチノ海総合公園 
         088−687−3175
 開園5周年を記念して開催される春のイベント。芝生の公園には、大型の滑り台『シャークスライダー』や透明なチューブに入って転がる『サイバーホイール』などの遊具が登場。また、大人もいっしょに楽しめるアコースティック・ライブやダンスなどのパフォーマンスに、親子工作教室『てづくりスライム』も。海に臨む公園で、GWを一日楽しんでください。
(※イベントは一部変更になる場合があります。)

→くわしくはこちら


徳島県&ドイツ・ニーダーザクセン州友好提携記念
  スペシャルコンサート

日時:6月1日(日)19時(開演)
場所:郷土文化会館
料金:一般2,000円 小・中学生1,000円
   (当日券500円増)
問い合わせ先:文化立県とくしま推進会議事務局
         088−621−2119
 ベートヴェンの「第九」アジア初演から、90周年となる日を記念して開催されるスペシャルコンサートです。演奏は東京交響楽団。第1部は世界を舞台に活躍する盲目のピアニスト・梯剛之(かけはし・たけし)氏を迎えてのピアノコンサート『ベートーヴェンの調べ』、第2部は、日本を代表する4名のソリストによる『オペラアリア・ガラコンサート』。クラシック音楽の醍醐味にたっぷりひたれるまたとない機会。チケットは好評発売中です。

アジア初演「第九」90周年記念コンサート
  ベートーヴェン「第九」交響曲演奏会

日時:6月2日(月)19時(開演)
場所:鳴門市文化会館ホール
料金:一般4,000円(当日4,500円)
   小・中高生1,500円(当日1,700円)
問い合わせ先:徳島県観光企画課 
         088−621−2335
 板東俘虜収容所において、ドイツ人俘虜たちによるアジア初の「第九」全曲演奏から本年6月1日で90周年を迎えます。これを機に開催される記念コンサートでは、ロシアからヨーロッパへと活躍の場を広げる世界的な指揮者・西本智実(にしもと・ともみ)氏を迎え、管弦楽に東京交響楽団、日本を代表する4人のソリストとNPO法人鳴門「第九」を歌う会、全日本「第九を歌う会」連合会、阿南第九の会、三好市民第九合唱団による盛大な演奏が繰り広げられます。この機会にぜひ、魅惑のチケットを手に入れてください。

(文化の森情報)
●博物館 企画展
「郷土の発見―小杉榲邨(こすぎ・すぎむら)と郷土史研究の曙―」

 近年、近世後半から近代にかけての阿波における歴史研究をめぐって、新たな資料の掘り起こしや当時の研究内容の検証がさかんになっています。その結果、埋もれた歴史家の存在や業績に光が当てられ、地域的な歴史研究の発展の足取りが明らかにされつつあります。
 この展示では、阿波が生んだ「最後の国学者」と評される小杉榲邨(1834〜1910)をはじめとして、阿波の歴史を探り、記録してきた様々な歴史家たちの著作や蔵書について紹介します。クイズやデジタル画像の閲覧もできますので、ぜひ、ご観覧ください。
▲「小杉榲邨が収集していた東大寺
 写経所請経文(重要文化財) 
 静岡県立美術館蔵」
主催:県立博物館・文化庁
開催日:4月26日(土)〜5月25日(日)
     【休館日5月7日(水)、5月12日(月)、
      5月19日(月)】
時間:9時30分〜17時
会場:博物館 企画展示室(1階)
観覧料:一般200円 高校・大学生100円 
     小・中学生50円
※小・中学生及び高校生は、土、日、祝日は無料です。
問い合わせ先:県立博物館 088−668−3636

→くわしくはこちら

→文化の森総合公園ホームページはこちら


(あすたむらんど情報)
サイエンス玉手箱
 あすたむらんど徳島では、GW特別企画として「サイエンス玉手箱」を開催します。ぞうさんのダンボールすべり台など、過去の企画展で人気のあったものを再び展示します。何が出るかは来てのお楽しみ!
日時:4月26日(土)〜5月6日(振休・火)
    9時30分〜16時30分
場所:あすたむらんど徳島 子ども科学館特別展示室
参加費:無料
問い合わせ先:あすたむらんど徳島
         088−672−7111
→あすたむらんど徳島ホームページはこちら

(文学書道館情報)
講演 「平安装束の美 〜十二単を展示して〜」
日時:5月4日(日) 13時30分〜15時
講師:瀬尾静子氏 (瀬尾静子きもの学院長)
場所:文学書道館 1階 ギャラリー 
参加料:無料
問い合わせ先:文学書道館 088−625−7485
→文学書道館ホームページはこちら

↑メニューに戻る

●とくしまマラソン
日時:4月27日(日) 10時〜16時30分
場所:徳島市陸上競技場 駐車場
内容:○県産農畜水産物を使った参加者への“おもてなし”
   ・わかめポン酢   ・阿波尾鶏の唐揚げ
   ・にんじんドーナツ ・すだちジュース

●「モンスタービバッ!!2008」
日時:5月3日(土)〜5日(祝・月) 10時〜17時
場所:大阪府大阪市 インテックス大阪 2号館
内容:○イベントステージにて
    ・大阪天水連による阿波おどり(4日・13時30分、5日・13時)
   ○「新鮮なっ!とくしま」号にて
    ・「阿波人形浄瑠璃研究会青年座」による阿波人形浄瑠璃
      『寿二人三番叟』
    ・阿波おどり
    ・阿波フレンズによる観光PR
    ・県物産品の販売、県産農水産物の試食PR
    ・クイズ大会、クッキングショー

↑メニューに戻る


 今回は、特別企画として4月27日(日)に迫った『とくしまマラソン』をご紹介します。老若男女4,379人のランナーが参加して行われる大規模なフルマラソンを、ボランティア約1,000人を含む総勢2,000人のスタッフが支えます。吉野川沿いを駆け抜けるランナーたちを、春の風を感じながらみんなで応援しましょう!

今回のコースをご紹介!

●吉野川と眉山が彩る42.195km
 レースは、徳島中央公園『鷲の門』前を9時にスタートし、吉野川北岸をさかのぼり、西条大橋で折り返し、吉野川南岸を下って、ゴールの徳島市陸上競技場までの42.195kmで争われます。また、ゴール制限時間は7時間(競技終了は16時)と、マラソン初心者にもやさしいのが『とくしまマラソン』の特徴。雄大な吉野川の流れと、徳島のランドマーク・眉山を背景に、『走る阿呆』となったランナーたちが疾走します。

 
▲マップポイント
  9時の号砲を合図に『鷲の門』前から
 スタート
▲吉野川の雄大な風景を背景に駆け抜ける
やるでないで応援隊!の応援ぶりにも期待!
 『とくしまマラソン』の見所を、徳島県商工労働部観光戦略局にぎわいづくり課・課長補佐の新居美佐子さんにうかがいました。「弘山晴美さんや市橋有里さんといった招待選手の走りを間近に見られるほか、コース途中4カ所で応援パフォーマンスを披露する“やるでないで応援隊!”の活躍も楽しめますよ」。このほか、スタート時には県警音楽隊による演奏や『増田明美さんと市橋有里さんのトークショー』(10時20分・徳島市陸上競技場)、そして何より完走を目指すランナーたちの熱い走りに注目です。
▲「見所はやっぱりランナーたち」と、
  にぎわいづくり課の新居さん
●応援ポイントへは、公共交通機関を利用しよう
 『とくしまマラソン』では、徳島市内3カ所(吉野川河川敷・沖洲マリンターミナル・アスティとくしま)に臨時駐車場が設けられ、ループバスによる送迎が行われる予定です。「開催日当日は、交通規制等があり、混雑が予想されます。公共交通機関を利用するか、臨時駐車場と応援ポイントをつなぐループバスをご利用ください」と、新居さん。県内外から多くのランナーと応援の皆さんが集まる『とくしまマラソン』を、みんなで気持ちよく応援してください。
 
▲マップポイント
  吉野川北岸の第1給水所
 (4.4Km地点)付近
▲マップポイント
  石井河川防災ステーションの第7
  給水所(27.1km地点)付近

 
マナーを守って、元気な声援を贈ろう!
▲マップポイント
 田宮運動公園『徳島市陸上競技場』
 でフィニッシュ
 沿道での応援マナーについて、うかがいました。「ランナーの皆さんが走るコースに入っての応援は、走行の邪魔になりますのでやめてください。また、ゴミを残さないようお持ち帰りください」(新居さん)。一生懸命にゴールを目指すランナーの皆さんの妨げにならないように、一人ひとりの注意が大切です。そして『走る阿呆』の皆さんの完走を願って、元気な声援を贈りましょう!
→『とくしまマラソン』についてはこちら
↑メニューに戻る


「エンジョイ!ヴォルティス」では、四国初のJリーグチーム「徳島ヴォルティス」に
関する情報をお届けします。

ホーム2連勝!!
ヴォルティスの快進撃は続く


■ホームゲーム
日 時 4月29日(祝・火)13時キックオフ
場 所 鳴門・大塚スポーツパーク【ポカリスエットスタジアム】
対戦チーム サンフレッチェ広島
料 金 A席 前売券2,000円(当日券2,500円)
  B席 前売券1,500円(当日券1,500円)
  小中高校生は500円(A席、B席共通)

 第8節(4月20日)ホームで水戸に完勝した徳島ヴォルティス。2006年5月以来のホーム連勝、対水戸戦は、2005年3月以来である。勝率も3勝3敗2分と5割に戻し、シーズン当初の不安を吹き飛ばすかのような快進撃を続ける徳島ヴォルティスの次節相手は、アウエーにて「サガン鳥栖」。失点が少なく、まだ1敗の鳥栖相手にどのような戦いをするか。今のヴォルティスの勢いがあれば、楽しみに試合観戦ができそうだ。
 次回ホームは第10節(4月29日)、昨シーズンJ1の「サンフレッチェ広島」。ホーム3連勝をかけて戦う相手としては最高の組み合わせ。是非、会場に足を運び、「闘走!徳島ヴォルティス」を応援しよう。
 なお、現在、ホームゲームでは「みんなでスタジアムを青く染めよう!」企画が進行中。家族みんなでレプリカユニフォーム等青い服を着て、スタジアムを青く染めちゃおう。また、選手入場時にさらにスタジアムを青く染めるため「ヴォルティス応援ブルーシート」を配布中。数に限りがあるので、早めのご来場を。

 あなたも、どっぷりヴォルティスに浸ってみませんか。ただ今、徳島ヴォルティスオフィシャルファンクラブ「CLUB VORTIS」会員募集中!!会報誌や専用ホームページの利用権など、会員特典も充実。あなたの入会をお待ちしています。

今シーズンの日程や選手の最新情報など詳しい情報は、
「徳島ヴォルティスのホームページ」をチェック!

↑メニューに戻る


週刊あわのかわらばん(四国放送)
県政のホットな話題をわかりやすくご紹介します。
毎週金曜日 18時51分〜18時54分
みんなで語ろうLET’Sトークしま」(CATV)
 県民のみなさんと知事の意見交換の様子やパネルディスカッション、講演
会などの模様をお伝えします。
(放映済みのものは、ホームページからもご覧になれます。)

→インターネット放送局はこちら
→広報のページはこちら

↑メニューに戻る

とくめるでは毎号、徳島ならではの「阿波の逸品」をプレゼントします。

そば米ぞうすい【16g入×10袋/(協)阿波池田ラクーンネット】(3名様)
 徳島県の代表的な郷土料理である「そば米ぞうすい」を食感、栄養をそこなわず手軽にお楽しみいただくために、フリーズドライにしています。
 1食あたり57キロカロリーと低カロリーで、ミネラル分、食物繊維が豊富に含まれています。熱湯を注いで、かき混ぜて90秒でどなたにも簡単に召し上がっていただけます。
 締め切りは5月5日(月)。たくさんのご応募お待ちしています。

→プレゼントの応募はこちらから


 当選者の氏名及び住所(市町村まで)は「とくめる」で発表いたします。
 また、お寄せいただいた個人情報は、ご本人の同意なしに第三者に開示、提
供す ることはありません。

(Mac OSをご利用の方は、Firefoxまたはsafariでのご利用を推奨いたします。
※上記以外の環境でご利用の場合、ページが正しく表示されない場合があります。)

とくめる108号プレゼント「ご飯がすすむ阿波の山海セット」の当選者は
   
美馬市
   小笠  貴子
  さん
静岡県
   淺羽  克典
  さん
香川県
   阿部  律郎
  さん
の3名です。おめでとうございます!



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
とくめる第111号は、5月9日(第2金曜日)の発行です。

↑メニューに戻る

発行:
徳島県秘書課広報広聴担当
徳島県徳島市万代町1−1
TEL 088-621-2021
FAX 088-621-2823

※《とくめる》は送信専用メールアドレスでお送りしています。
  ご意見等は、下記のメールアドレスまでお願いします。
  E-mail hisyoka@pref.tokushima.jp

徳島県ホームページ http://www.pref.tokushima.jp/