Topへ

平成19年度施策評価の結果について



1 評価の実施時期 8月〜11月
2 評価実施部局 各部局(各部局の自己評価)
3 評価対象
 ・施策評価の対象となった施策数は113施策
 ・施策に含まれる事業数は1,065事業
4 評価結果
 (1)事業の優先順位付け
  各課(室)が所管する施策について、目標や課題、今後の方向性等、重点化の方針を明確にした上で、施策を構成する個々の事業ごとに、目的妥当性、有効性、効率性、必要性など、施策目的に対する寄与度の観点から3段階(A、B、C)で優先順位付けを行い、事業の今後の方向付け(「廃止」、「縮小」、「拡大」等)を行いました。

  ○何らかの改善見直しを実施する予定の事業数 775事業(73%)
 (今後の方向性の状況)
廃止事業数 110事業(10%)
休止事業数 21事業( 2%)
終期設定事業数 15事業( 1%)
統合事業数 44事業( 4%)
改善事業数 474事業(45%)
縮小事業数 87事業( 8%)
拡大事業数 24事業( 2%)

  ○引き続き見直しを検討する予定の事業数 290事業(27%)

  部局別評価結果一覧

 (2)評価結果の予算編成への活用
  評価結果については、施策や事業の改革・改善、平成20年度予算編成に活用します。
  なお、平成20年度予算への活用状況については、予算編成後に公表します。

5 施策評価シート
 担当部局別
 (担当部局別に全ての施策評価シートがご覧になれます)
 行動計画体系別
 (オンリーワン徳島行動計画(第二幕)の体系別に全ての施策評価シートがご覧になれます)

 施策評価シートの見方について
 施策評価シートの見方についてはこちらをご覧下さい。
トップに戻る