とくしま医師バンク
文字サイズお問い合せ
とくしま医師バンクとは 求職(医師・医師をされていた方向け) 求人(県内医療機関向け) メルマガによる医療情報配信
お知らせ
医師検索
県内医療機関紹介
訪問者別メニュー
医師の皆さまへ
ベテラン医師の皆さまへ
女性医師の皆さまへ
医学生や医師を目指している皆さまへ
公的医療機関関係者の皆さまへ
とくしま医師バンク
メールマガジン
徳島県の地域医療情報から求人情報、イベント情報まで、様々な情報を定期的に配信します。
徳島県の魅力について
民間医療機関への就職を希望される方はこちら
関連リンク
Q&A
個人情報の取り扱いについて
とくしま医師バンクとは
とくしま医師バンク事業の内容
とくしま医師バンク事業には、4つの大きな柱があります。

1 ドクターバンク医師(任期付県職員)の採用
 とくしま医師バンクに登録された医師の方の中から、希望される方を県職員として採用し、徳島県内の公的医療機関で診療に従事していただきます。
 総合診療医として採用した医師は、任期は3年間で、へき地診療所やへき地医療拠点病院などで勤務していただきます。
 任期最後の1年間を、国内外での研修・研究期間とすることができ、県職員としての給与のほか、200万円までの研修・研究経費を県が負担します。
ドクターバンク医師募集のページへ
2 ベテランドクターバンク
 勤務先を退職された医師や、開業医の有志の方で、へき地診療所等での代診医など、公的医療機関の診療支援を希望される方が、ご家庭の事情やご自身の都合などに合わせた勤務条件を、とくしま医師バンクに登録していただきますと、県がマッチングを行い、条件に合った県内の公的医療機関を紹介させていただきます。
ベテランドクターバンク登録ページへ
3 女性医師再就業バンク
 出産や育児のために医療現場を離れ、その後に復帰(再就業)を希望される女性医師の方が、とくしま医師バンクに登録していただますと、県が勤務形態などに応じたマッチングを行い、公的医療機関を紹介します。
 また、希望される方には、県立中央病院で、再就業に必要な研修の機会を提供します。
女性医師再就業バンク登録ページへ
4 無料職業紹介事業(一般医師ドクターバンク)
 以上の他にも、徳島県内での勤務にご関心のある医師の方々に、幅広くとくしま医師バンクに登録していただきますと、県内の公的医療機関の情報を提供し、マッチングを行った上で、ご希望の条件に近い公的医療機関を紹介いたします。 
 必要に応じて、県の担当者がご相談に応じたり、現地のご案内などもいたします。
求人情報の一覧表のページへ
一般医師バンク登録ページへ

 また、各種関連情報をホームページで随時お知らせするとともに、徳島県の地域医療等に関する最新情報を、希望される方にメールマガジン「とくしま医師バンク通信」により配信します。
 徳島の地域医療に関心はあるけれど、いきなり求職登録まではちょっと・・・、とお考えの医師の方、医学生、または医師を目指している学生などの方々は、まずはメールマガジンの配信をお申し込み下さい。
メールマガジン配信登録ページへ




とくしま医師バンク事業の目的
 近年、医師の偏在や不足が全国的な問題となり、地域医療の維持が困難となっている中で、徳島県においても、へき地だけでなく、小児科・産科などの特定診療科における「医師不足」に悩まされています。
 徳島県ではこうした状況に対処するため、将来地域で活躍する医師を志す医学生向けの「医師修学資金貸与事業」や、医学生に地域医療の現場を体験していただく「夏期地域医療研修事業」などを実施してきましたが、医師を養成するには非常に長い時間が必要ですので、現在の差し迫った医師不足の状況を考えると、中・長期的対策とともに、短期間で効果が期待できる施策を講じることが不可欠となっています。
 そこでこのたび、地域の医療を支える医師を確保する施策として、関係機関が連携して県レベルの「とくしま医師バンク」を開設し、ご関心をお持ちの医師や医学生などの皆様に登録をお願いし、徳島県の地域医療に関する各種情報を提供するとともにご希望に応じて公的医療機関に紹介するシステムを構築するものです。


徳島県の地域医療をめぐる状況について
医師の状況
 平成18年12月現在の、徳島県の人口10万人あたりの医師数は270.1名で全国第2位となっています。
 しかしながら、徳島市を中心とした東部地域に医師の3分の2が集中しており、それ以外の地域との顕著な格差が存在しています。
 特に県南部や県西部では医師の高齢化もあり、医師不足が深刻な問題となっています。 また、小児科や産科を中心に、特定の診療科の医師が不足する「診療科偏在」も顕在化してきています。
「医師の状況」をみる
医療施設の状況
 平成18年「医療施設調査」によると、徳島県の人口10万人あたりの病院数は15.2病院で全国第3位、人口10万人あたりの病床数は1926.2床で全国第4位となっています。
 しかしながら、病院・診療所も徳島市を中心とした東部地域に集中しており、顕著な格差が存在しています。
 また、全国と比較して病床規模の小さい病院が多いなどのことから、医療施設数は多いにもかかわらず、勤務医師が不足しており、特に公立病院の勤務医師不足が大きな問題となっています。
「医療施設の状況」をみる
徳島県内の公的医療機関等(病院・診療所)について
公的医療機関一覧をみる

徳島県の医師確保の取組みについて
平成20年度における医師確保の取り組み
1 (新規)とくしま医師バンク事業
 平成19年度までの中長期的な視野に立った医師確保対策に加えて、現在の厳しい医師不足に対応するため、新たに「とくしま医師バンク事業」として、短期間で効果が期待できる施策に取り組むこととしました。
「とくしま医師バンクとは」へ

2 医師修学資金貸与事業

 将来、県内の公的医療機関で医師として従事しようとする医学生に対して、修学資金を貸与する事業です。

 平成20年度も、徳島大学医学部生2名に修学資金を貸与する予定で、既に1名の貸与者が決定しており、現在、1年生から3年生までのうちで1名を追加募集しております(応募締切は9月30日(火))。

 なお,平成20年7月の条例改正により,修学資金の返還免除の要件が緩和され,公的医療機関等での業務従事期間を一時中断し,海外留学を行うなど,より柔軟な進路選択が可能となりました(この改正は、既に貸与が決定した方にも適用されます)。

 詳しくは、次のページを参照してください。
徳島県医師修学資金貸与事業へリンク

3 夏期地域医療研修
 地域医療に触れ、地域医療への関心を高めることを目的に、全国の医学部を有する大学の学生を対象とした体験学習を、夏期休暇中に実施します。
 平成20年度は、8月21日から23日までの3日間、美馬市木屋平、那賀郡那賀町、海部郡牟岐町・海陽町等の3箇所で開催する予定です。詳細は、次のページを御覧下さい。
→「徳島県夏期地域医療研修の御案内」へリンク

4 臨床研修病院合同説明会
 徳島県内に臨床研修医を確保するため、卒後の進路検討を行う医学生に対して、県内の臨床研修病院8病院の合同説明会(各病院のプレゼンテーション、個別面談)を開催します。

5 地域医療に関する徳島大学との共同研究
 平成19年10月から、徳島県保健福祉部・病院局、徳島大学、徳島大学病院等が連携・共同して、地域医療学に関する研究(総合診療医育成のための教育・研修プログラムの開発研究、地域に応じた診療環境・診療レベルの向上を目指した研究)を行っています。
 徳島大学大学院内に「地域医療学分野」を開設するとともに、県立海部病院内に「地域医療研究センター」を設置し、海部郡をフィールドとした診療活動を通じて、多様な疾病に対応でき、地域医療に情熱を持つ総合診療医の養成等に取り組んでいます。
徳島大学大学院 地域医療学分野へリンク